クセスゴ歌謡祭。大村晴空、狩野英孝、日谷ヒロユキら総勢13組が登場。「ドライバー(優理のドライフラワー)」で、ついにトータルテンボス 大村が・・・

お笑い 音楽ネタ

2021年5月7日(木)にフジテレビ系でオンエアされました「千鳥のクセがスゴいネタGP2時間SP」では、今まで出演してきた歌ネタが面白い芸人を合計13組集め、クセスゴ歌謡祭となりました。オンエア終了後、「#JO1トロサーモン久保田加入」のハッシュタグがTwitterのトレンドに入るなど、ネットで面白かっこいいと話題になったものもありました。13組の中でも、特に気になったものを中心にお伝えしていきます。

「ドラえもんの歌」EIKO(狩野英孝)がトップバッター!歌詞のクセがすごい

ギターも弾けて、作詞・作曲、即興ソングが得意な狩野さん改め、EIKO(エイコー)さんは国民的アニメのクセスゴバージョンを披露しました。

狩野さんといえば、歌の途中でイントネーションをおかしかったり、音の高低差を使った、綺麗な裏声などが特徴です。今回の「ドラえもんの歌」では、イントロにいきなり「ティリリティリリティリリティリリ」の部分を伴奏を口でいうところから掴みとして面白い上に、歌に入る前の部分にも歌詞をつけていました。それが、こちら。

「夜空またたく星屑眺め

 冷たい風に吹かれ

 涙流す1人あの夜」

これが、イントロのリズムにぴったりでした。才能が溢れてこぼれ落ちていました。

また、サビの「はい!タケコプター!」という歌詞を、最高な笑顔で

「はい!どうぞ!!」

と歌詞が、千鳥にもハマっていました。

オリジナルストーリーの2番も作っており、ただの替え歌シンガーではないことを証明していました。

また、歌を歌い終えた後の締めの挨拶もクセがすごくて、我が家では何度聞いても笑っちゃう、むしろ、ちょっと真似したくなるものでした。それは、

「ありがとうございまーし(ちゃっ)」

です。文字にすると伝えるのが難しいことを、今感じています。笑

狩野さん独特のあの感じの挨拶がたまりません。

クセスゴシンガーの大御所として、1番手となり、歌い上げていました。

狩野英孝による「ドラえもん」歌詞全貌

ティリリティリリ ティリリティリリ・・・

夜空またたく星屑眺め

冷たい風に吹かれ 涙流す1人あの夜

こんなこといいな 出来たらいいな

あんな夢 こんな夢 いっぱいあるけど

みんなみんなみんな叶えてくれる 不思議なポッケで叶えてくれる

空を自由に飛びたいな

はい!どうぞ!

アンアンアン とっても大好き ドラえもん

あんなとこいいな 行けたらいいな

あんな国(きゅに) こんな島 いっぱいあるけど

みんなみんなエヴィバディ 叶えてくれる

未来の機械で 叶えてくれる

世界旅行に行きたいな

はい!どこでもどうぞ

アンアンアン とっても大好き ドラえもん

歌詞の文字起こしをしてみると、イントロと決め台詞以外の歌詞はほとんど原曲のままだということがわかりました。狩野英孝さんは、メロディで勝負しているのかと思いました。

霜降り明星粗品が歌った「お父さん」が実話をもとにしているというのがさらに重い

切ない切ない歌でした。粗品さんが、息子としてでないと歌えない歌でした。笑っていいのか迷ってしまう内容でしたが、高いワードセンスと、狩野さんよりもうまいかも知れないギターと、千鳥さんのナイスフォローで、笑いへの昇華していました。

粗品さんが実の息子さんだから歌えた「お父さん」の歌詞はこちら

僕の父ちゃんは実は 僕が

子供の頃から ずっと病気で

僕が高3のの冬に医者から

余命宣告で1年と言われた

でも僕ら家族はクヨクヨせずに

残りの1年間を

楽しい思い出で埋め尽くしたくて

計画を立てた

冬はユニバに行って パレードを見て

春はキャッチボールをして

夏はプールに行こう

でも次の月に死んだ 次の月に死んだ

世にも珍しく 余命を巻いた

でも次の月に死んだ 次の月に死んだ

通販で買った海パン 使わずに死んだ

でも次の月に死んだ 次の月に死んだ

正直 最初の1ヶ月やから

だらだら過ごしてた

医者も短めに言うとけ ✖️2

余命みたいなもんはもっと 短めに言うとけ

友近絢香の三日月を「タテトティの歌」で熱唱

タテトティの歌は、どんな歌にも汎用性のあるもので、全ての歌詞を「タ」行に変えて歌っていくと言う友近さんの鉄板ネタです。

今回の三日月でもほとんど「タ、ティ、テュ、テ、ト」に変えて歌っていましたが、サビの「がんばっているからね」「強くなるからね」の「頑張って」や「強く」はそのまま歌っていたように聞こえましたが、、、気のせいですかね。



大村晴空、替え歌「ドライバー(優理のドライフラワー)」でついにお父さんが声を発した!

2020年8月に初めてクセスゴに登場した大村晴空くんは、トータルテンボス 大村さんの息子さん(12才)です。初出演からまだ一年経っていませんが、もはやこの親子を楽しみにこの番組を見ている人も多いと思います。毎回、晴空君が替え歌を歌い、お父さんは隣でマイクを握り油汗をかきながらただ立っているだけ、と言うのは鉄板の流れでした。しかし、今回はついに言葉を発しました。

今まで、歌ったのは「白日(キングヌー)」「裸の心(あいみょん)」「I love…(オフィシャル髭ダンディズム)」「虹(菅田将暉)」「夜にかける(YOASOBI)」などを替え歌しています。その全てが、父のこと、トータルテンボス のことなどをディスったり、いじったりしたものです。

大村晴空が歌った替え歌「ドライバー(優理さんのドライフラワーより)」の歌詞

多分私じゃなくていいね

余裕のない二人だったし

気付けば喧嘩ばっかりして

ごめんね

ずっと話そうと思ってた

これ以上パパたち売れねいね(きっと私たち合わないね)

二人きりしかいない 車でさ(部屋でさ)

パパは僕に聞いたよね(貴方ばかり話していたよね)

もしいつか 晴空でハネたら(何処かで会えたら)

マネージャーをやらせてくれないか(今日のことを笑ってくれるかな)

ギャラもちゃんと多めに払うから(理由もちゃんと話せないけど)

芦田愛菜ちゃんみたいになるのはどう?と(貴方が眠った後に泣くのは嫌)

パパのネタもイタズラ動画も(声も顔も不器用なとこも)

全部 全部 大好きだけど(嫌いじゃないの)

ドライバーさんみたいに(ドライフラワーみたい)

パパが見えたよ(君との日々も) きっときっときっときっと

金でもめる(色あせる)

太字は、原曲の歌詞を生かしているところです。こうやってみると、原曲をうまく残していることがわかると思います。また、「貴方が」を「芦田愛菜」にしているところも、韻をしっかりと意識していることもわかります。なので、聞いていて違和感がありません。しかも、ストーリー性が抜群ですね。クセスゴ以外にもお仕事が増えてきた晴空くん。一方で、ずっと変わらずTVではあまり活躍していないお父さん。それでも、息子は父のことが大好き。と言う愛のある話に対して、お父さんの現実的な展望。ここで「芦田愛菜ちゃん」という、子供のうちに大人気になり、一旦休業した後に知性派のタレントとして市場を確立している存在に重ねる。うまいですね。



ついに声を発したトータルテンボス 大村の一言は・・・

「たんまり払うよ」

むしろ、切ない一言でした。それに対して、晴空くんはなんとも言えない顔をしていました。もちろん、お家で何度もリハーサルをしているとは思いますが、その中で、こういう顔をしよう、とか話し合ったのかと思うと、本当に楽しい家庭ですね。

子供が「お金でもめる」という言い分に対して、父が「たんまり払う」というやりとり。夢のある話ではありますよね。私は、好きでした。

クセスゴ2時間スペシャル まとめ

合計13組のクセスゴシンガーが登場しました。歌ネタ以外にも多くの芸人さんが出ている番組ではありますが、頭の中で繰り返し思い出して楽しめる歌ネタは、何度でも聴きたくなりますね。大村晴空くんや狩野さんの歌詞を紹介してますので、是非多くの方に口ずさんで欲しいと思います。これからも大村ファミリーの展開を見守っていこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました